コンセプト

当院が目指すもの

『歯で困る人がひとりもいない地域を作ること』

右:院長 藤田典弘左:副院長 藤原顕輔

右:院長 藤田典弘
左:副院長 藤原顕輔

そのために必要なことは、『歯の不調があるから行く歯医者』ではなく『健康な人がそれを維持するためにいく歯医者』をつくること。
それはいわゆる『予防歯科でしょ?』という言葉が聞こえてきそうですが『予防歯科』という言葉はなるべく使いたくありません。

予防とは病気の発生を未然に防ぐことですが、『病気にならないようにする』『病気が怖いからいく』それは非常にネガティブな発想です。
確かに一般的な病院の健康診断や人間ドックにはそのような目的で行きます。それがまさに予防です。
しかし、フィットネスや美容院に行く人が『髪の毛が長くなるのが怖いから美容院に行こう』とか『病気が怖いからジムに今日も行こう』とか思っていく人はいません。
楽しいから。それが娯楽だから行くのです。
『かっこいい髪形になるのが楽しいから美容院に行く』のですし『動くのが、筋肉がつくのが楽しいからジムに行く』のです。

QOLを担う歯科も目指す方向はそちらにあると僕は考えます。
『歯石を取るのが気持ちい!歯のマッサージが気持ち良い!』『歯の着色を取って綺麗になりたい!』『歯医者さん(やスタッフさん)と掃除の仕方や雑談をするのが楽しい』
『歯のケアって楽しい!』『いろんな面白い、カッコイイ、かわいいケア用品がある。歯科雑貨がある』
すなわち、『コンテンツ』としての魅力を備えた歯科医院。
病気が怖いからとは別に、『楽しい』『行きたい』から行く歯医者。『歯のケアを楽しむ、娯楽とする』歯科医院。
それが僕のめざす歯科医院です。
歯科医院の敷居を徹底的に下げ、患者さんの全体的な来院回数を増やすことが結果的には予防に繋がると考えます。

予防歯科

ハローたつみ台デンタルクリニックの十箇条

DSC_1427
  • ひとつ、予防歯科でお口の健康をサポートしていきます。
  • ひとつ、歯ブラシなど予防用品を豊富に取りそろえます。
  • ひとつ、患者さんへの歯みがき指導は少し厳しくします。
  • ひとつ、お口の筋トレでキレイな歯並びをお子様に提供します。
  • ひとつ、患者さんを銀歯にしない診療を心がけます。
  • ひとつ、むやみにインプラントを奨めません。
  • ひとつ、お口と体にやさしい入れ歯をご提案します。
  • ひとつ、患者さんへの説明をわかりやすく丁寧にします。
  • ひとつ、患者さんを自分の家族と思い診療します。
  • ひとつ、辰巳台で100年続く歯科医院にしていきます。

明るく素朴で楽しく通える、もっと気楽に立ち寄れる歯医者さん

DSC_1309

『歯科医院』という言葉を聞いて皆さんはどんなものを連想しますか?

“独特な薬の匂い、タービンの回る音、痛い、苦しい”

そのようなイメージではないでしょうか?

一般的に歯科医院とは

  • “歯が痛くなったら治してもらいに行く場所”
  • “詰め物が取れたら治してもらいに行く場所”

そのようなイメージではないでしょうか?

決して、「今日仕事が終わったら歯医者さんに行こうかな?」と言った感じに歯医者さんが好きで気軽に行くような場所ではないと思っているはずです。

どうしても敷居が高く、そのようなマイナスのイメージが付きまとう、楽しく通う場所ではないはずです。

コンビニや1000円カットの美容院、そんな風に気軽に入れる店ではない気がします。

しかし、私が目指すのはそんなコンビニやフィットネスクラブような明るく素朴で楽しく通える歯医者さんです。

もっと気楽に立ち寄れるそんなシンプルな歯医者さん、それが私の目指すハローたつみ台デンタルクリニックです。